冷やしボンゴレ

旬のあさりとカペッリーニで冷たいボンゴレ作ってみました。レモンのさわやかさとアサリと昆布茶の濃厚な旨みがとてもおいしいです。

あさりの煮汁を煮詰めて旨みを凝縮するのがコツです!是非お試しください。
材料

カペッリーニ 80g

あさり 150g

ニンニク 2かけ

白ワイン 50cc

小葱 適量

昆布茶 小さじ半分

レモン 八つ切り1個

オリーブオイル 適量

塩胡椒 適量
作り方

1.ニンニクは微塵切りにし、小葱は小口切りにしておく。

2.フライパンにニンニクとオリーブオイル大匙1強入れ、香りが出たらあさりと白ワイン、昆布茶を入れ蓋をし蒸す。


3.あさりが開いたらあさりだけすべてボールなどに取り出し、身と殻を分けておく。

4.残った煮汁を火にかけ半分くらいになるまで煮詰める。

5.煮詰めた汁をあさりのボールにうつし、冷蔵庫か冷凍庫で十分に冷やす。

6.濃い目のお吸い物程度のお湯を沸かし、カペッリーニを茹で、流水と氷水で十分に冷やし水気を布巾などでよく切る。

7.5のボールにオリーブオイル大匙1強を入れて混ぜ、必要なら塩胡椒をしカペッリーニを入れて和える。よく冷やした器に盛り小葱とレモンを添えて供する。
あさりは身だけ入れる形にしますが、殻付の物を3個ほど残しておくと盛り付けに使えて綺麗です。

小葱はソースに混ぜ込んでもおいしいのでお好みで。

カペッリーニはそうめんにしても非常においしいです!その場合は塩は入れずお湯だけでゆでてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です