シンガポール・ペーパーチキン

シンガポールの料理、ペーパーチキンです。
油を使いますがペーパーで食材を包み低温で火を通すので性質的に蒸し料理になります。

高温で蒸された鶏肉はとてもジューシーで柔らかくなり、とても美味です。
材料

鶏肉 400g

生姜 かけ

長ネギ 半本

鷹の爪 3本

★醤油 大匙2半

★オイスターソース 大匙2

★紹興酒(なければ清酒でも) 大匙2

★ごま油 大匙2

★味の素 少々

クッキングペーパー 適量

サラダ油 適量
作り方

1.鶏肉は常温に戻し、余分な脂の取り除き、80gずつのポーションにしておく。

2.★を全て混ぜ、タレを作っておく。

3.生姜と葱は出来るだけ細い千切りにしておき、鷹の爪は種を取り除き半分に割っておく。


4.クッキングペーパーを広げ、鶏肉生姜葱を順番に乗せ、2のタレを大匙1半ほどかけキャンディのように包む。

5.中弱火で温めた鶏肉が半分漬かるほどのサラダ油(180度ほどの油)に4を入れ、少しずらして蓋をし6分間ほど揚げ、皿に盛り供する。

ペーパーに溜まったタレはすごくご飯に合うのでご飯のお供としても優秀です。

温めたオーブンでも理論上は作れますので油の処理が嫌な方はお試しを、180度15分くらいで火が通ると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です